--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/06/26//Mon * 18:50
●○ライジング!

ライジング! (7) ライジング! (7)
氷室 冴子、藤田 和子 他 (2000/05)
小学館

この商品の詳細を見る

ただダンスが好きだった主人公が、いつのまにか演劇やミュージカルにも熱をいれていく様子が自然に描かれていて、
読んでいるほうも気がつくと夢中になっている。
どのキャラクターも、人間性がリアルに表現されていて、
漫画の中で動かされているキャラクターとはとても思えない。
ストーリーもしっかりしていて、あやふや感がない。
また主人公がとても魅力的で、パワフルな面と弱い面の両方が描かれているせいか、
向上しようとするその姿にも共感することができた。
特に舞台に立っている主人公の姿は非常にいきいきとしていて、あんなふうになりたいと憧れさえ抱かせる。
とにかく読んでいて楽しい作品だ。


<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。