--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/06/26//Mon * 18:15
●○ぶーちゃんとおにいちゃん

ぶーちゃんとおにいちゃん ぶーちゃんとおにいちゃん
島田 ゆか (2004/11)
白泉社

この商品の詳細を見る

はじめて見た。この人の絵本。
こんな絵本があるんだ!ってびっくりしたな。
なんか不思議な絵本なの。
ストーリーはかなりシュール。いままでないような展開なんじゃないかなぁ。
超・現実的。超・世間そのもの。
大人が見たら、「えっ、これ絵本にしちゃったんだ・・」みたいな話かな。
そういう絵本って、大人向けの絵本ならいっぱいあるの。
ひとひねりあって、おもしろい絵本とかって。
けどこれは子供向けにもともとかかれている。
子供が読んだらどんなふうに感じるんだろう、ってぜんぜん分かんない。
まぁそのまま受け止めるんだろうな。
で、また絵がすごくて(笑)
表情とか・・。すごいバラエティに富んでるというか・・。
おいおい、絵本で描く表情じゃないだろ、とツッコミを入れたくなるような。
それがまた最高におもしろい。超笑える。
一ページに一文ぐらいしかないかんたんな絵本なので、ぜひ立ち読みでもご一読をおすすめ。
笑えます。大人はね。あ、ふくみ笑いって感じ?


<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。