--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/02/18//Mon * 00:24
●○陰日向に咲く

陰日向に咲く、9つの花~勝てない僕らが咲けるまで~陰日向に咲く、9つの花~勝てない僕らが咲けるまで~
(2008/01/09)
岡田准一、宮崎あおい 他

商品詳細を見る

原作は未読。
しかし、劇団ひとりスゲー!って思った。
演出も良かったから、原作だけじゃなく監督の力も大きいんじゃないかな。
役者も実力派が多かったし、
小説がバカ売れしたからといって商業的な内容ではなく
いい映画を作ろうとしている姿勢がちゃんとあって
好感が持て、作り手の思いも感じました。

そして原作がなくても多分にいい映画でした。
とても優しかったです。
"陰"の部分を描いてはいながらも
見ていて不愉快になるほどの痛さはない。
(嫌われ松子みたいな・・・)
キラッと光るちょっとしたものを示す為に
せめて必要な陰の部分をしっかり描いているだけ。
表現として正当だと思った。

そういう見せ方だけでなく、
細かな役者の演技も
基本的に過剰な部分がないので、
すっと心にしみこむ。

見終えたあとは、
今となりにいてくれる人を大事にしようと
あたたかい気持ちになりました。

・期待に対する満足度
・また観たい度
・お勧め度
------------------------------
勝手に採点
スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。