--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/01/10//Wed * 04:56
●○ロスト・イン・トランスレーション

ロスト・イン・トランスレーション ロスト・イン・トランスレーション
ビル・マーレイ (2004/12/03)
東北新社

この商品の詳細を見る



終わり方がパッとしなくて何が言いたいのかわかんなかったけど
好みかそうでないかと言われたら好みの作品です。
その、パッとしない淡さがまるで邦画並。
というか私は洋画でこういう感じのものを見たことがなかったので
偏見がいままであったかも。
洋画にもこういうの、あるんですね。

お決まりのドンデン返しもなく、詩のような映画でした。
余白も多くって、ホント邦画みたいな映画ですね。。
邦画にもいろいろあるのでこの言い方はまずいかもしれないですけど。

まず日本のバラエティー番組が皮肉な感じで使われてて
アイタタターな感じでしたけれども。

あとは、「和」ってふだん意識しなくても日常に存在しまくってるということに気づかされました。
外国人の視点で見てはじめて、ああ特別なんだって気づく。

たとえばお寺に日本の高校生2人がいたとしても特別には思わないけれど、それが外国人だったら、何かもうそれだけでお寺とその人とのめぐり合わせ・・ううん、日本とのめぐり合わせまで考えちゃうわけです。
それではじめてお寺の発してるものすごいパワーを感じたり。

ふだん見てる何気ないものが違って見えるようになるでしょう。。この映画を観た日本人は。

まあ、この映画の焦点はたぶんそこではなくて(笑)
心情描写のほうなんだろうけれども。
そこは劇場で観たかったところですね。ビデオじゃなく。

スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。