--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/11/12//Sun * 01:22
●○紗央里ちゃんの家

紗央里ちゃんの家 紗央里ちゃんの家
矢部 嵩 (2006/11)
角川書店

この商品の詳細を見る


えっと、久々に買ったハードカバー。
もちろん、直感買い。

ホラーというジャンルだけど怖くない。
冷静に考えたらめっちゃ怖い状況設定なのに
読んでる側の背筋は凍らない。
なんとも、楽しくさえなってしまうようなホラー。
近い表現だと、コミカル。
不気味なとこは、とことん不気味。
ただの雨音でさえ不気味に描写。

主人公の年齢設定には必然性を感じない。
その異常性を完全に無邪気さの中に求めているならともかく、
そうではないような気がした。
書評の、「正常の視点で異常の世界を書く」のではなく
「異常の視点で異常の世界を書く」のがこの作品の素晴らしさである
というところには同感する。

たしかに新しい。
といってもそんなにホラーを読んできているわけではないが。

ただ、この本、価格表示が税別のみなのはいただけない。
カッコづけでも税込価格をぜひ書いてほしい。
1100円だと思ってレジに持って行くと1155円払うことになる。
ぴったり1100円しか持ち合わせがなかったとしたら
レジで赤っ恥をかくことになるではないか!
実際にありうるのでやめてほしい。
それはこっちがちゃんと見ろってか。そうですか。

スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。