--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/05/31//Wed * 00:56
●○笑の大学

笑の大学 スペシャル・エディション 笑の大学 スペシャル・エディション
役所広司 (2005/05/27)
東宝

この商品の詳細を見る


とにかくおもしろかった。
一冊の喜劇の脚本をめぐっての展開だが、
まるで「笑の大学」という芝居を観ているような気分になる。
喜劇をめぐるこの映画そのものが喜劇で・・・。
キャラクターひとりひとりが強い個性の持ち主で、特に主役の二人に関しては
ものの言い方からオーバーなリアクションまで、すべてが楽しめる要素だ。
人だけではなく、小道具から町の風景から衣装から音楽からエンドロールまで、
どこをとってみても面白い。
しかもただ笑えるだけでなく、愛着の湧く人物像で、
主役二人の過去にさえ興味深くなる。
二人とも、それぞれの魅力を思う存分にかもし出している。
人間も、物も、すべてが生き生きとしているので、何度でも観たくなる。
スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。