--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/05/31//Wed * 01:58
●○真夜中のピアニスト

真夜中のピアニスト DTSスペシャル・エディション 真夜中のピアニスト DTSスペシャル・エディション
ロマン・デュリス (2006/05/26)
ハピネット・ピクチャーズ

この商品の詳細を見る


主人公が驚くほど繊細。
そして脆い。弱い。
こんなに弱い主人公は初めて映画史上個人的に初めて。
あまりに繊細すぎてこわれやすいが故に乱暴になる。
強いもので周りを塗り固めて自分も強い振りをする。
だがものすごく弱い。

そんな糸のような弱さを表現している役者がすごい。
ただピアノのほうは・・残念、実際に弾いて欲しかった
ドラマならさておき、せっかくの映画なので手元が映らない演奏は少し残念だ。
やっぱりホワイト=ナイツのように「ホンモノ」を起用すると
印象の残り方も違う。

ただ今回はこれで成功だったかもしれない。
なにせほんもののピアニストにあの役が演じられるかといわれると不可能だっただろうから。

映画自体は不可解なところで終わる。
悪く言えば何が言いたかったのか分からない。
が、余韻を残し余地を残し、あとから沁みてくる。
私としては「2年後」の表現はあまりに端的すぎたが
ただあの2年後の復讐をする場面を描くために
この映画は撮られたと言っても過言ではないと思う。

ピアノは出てくるが、決して綺麗な世界の話ではなく
むしろ汚い世界にピアノの音色があるからこそ
それだけが何にも増して美しく見えるのだと、この映画は語っている。
なかなか、深い映画かもしれない。
スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。