--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/05/31//Wed * 00:37
●○スパイダーマン2

スパイダーマン 2 (UMD Video) スパイダーマン 2 (UMD Video)
トビー・マグワイヤ (2005/04/13)
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

この商品の詳細を見る


前作よりも、迫力があってよかった。
また、スパイダーマンであるがゆえに抱く葛藤も強く出されていた。
迫力と切なさの掛け合いのように場面が展開し、メリハリがあった。説得力もある。
確かに人を救っておいて、強盗呼ばわりされたり指名手配されたりするなんて誰だって嫌になる。
そのぶん、列車事故でスパイダーマンが力尽きたとき、たくさんの市民が彼をかばった場面は、
感動ものだった。涙がでた極めつけのセリフは、「まだほんの子供じゃないか」。
それから、スパイダーマンを捨てたのに、自ら火事の中に子供を助けようと飛び込んでゆくシーン。
彼は、特殊な能力と運動神経を得てヒーローと呼ばれるに至ったけれど、
もともと心にヒーローの心が携わっていたんだと思った。
スポンサーサイト


[TOP]
copyright (C) 2006 呟き、緑茶を片手に/// all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。